マスクの使い分けは必要?

おはようございます!

RED鈴木です。

今日はマスクの使いわけは必要?についてです。

私も今年はいろいろなマスクを買い とりあえず試してみる を繰り返しました。

私の選ぶ基準は、「長い時間つけても耳が痛くならないか」です。

夕方あたりから耳が痛くなるとキツいです・・・

以前はマスクの種類なんて気にしなかったけれど、今はいろんな種類のマスクが出ています。

不織布と呼ばれる素材を重ねて作られたマスクは、重ね具合やフィルターを使うと目の細かさが調整できるので、一般的には広い用途で一番使うマスクですね

感染症予防や花粉症対策にもなります

肌に優しいガーゼマスクも増えましたよね
不織布よりは目が大きくなるから、ウイルスカットの機能は不織布よりは劣るようですが 保湿性、保温性に優れているし 乾燥から喉を守ってくれる

柔らかくて優しいので、肌への負担も少なく、洗濯して繰り返し使えるのもいいですね

ポリエステル、ウレタンマスクは化学繊維を使って作られたマスクで 機能はガーゼマスクと同じです。伸縮性があるので、長時間つける方にはいいですね

夏場は冷感マスクが多く売られてましたね

ネット上では 不織布マスク一択が感染症予防法と出てたりしますが ガーゼやウレタンでも予防はできてるようです

ただ、持っていたほうがいいので行く場所によって変えるといいかもですね
病院に行くなら 不織布
買い物にいくなら ガーゼやポリエステルウレタンとか 日常生活を送っていくのに大事なことは

マスクをつけ続けること

だと思いますので、参考なればと思います

それでは今日も素敵な日にしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です