読んだら忘れない読書術

おはようございます。

RED鈴木です!

私は大人になってから(30代)本が読めるようになりました。

なんでそれまで読めなかったかというと、時間がかかるし、飽きてしまうから

そんな時に「速読」「多読」の本を読んで、読書の考えが180度変わったんです

今でも週1冊、月4冊は読むようにしているのですが、毎月のはじめにTSUTAYAにいって 4冊買い「今月分」みたいな感じにします

読み方は 興味がないとこは飛ばして読む
途中まで読んで 合わなそうだったら次の本に行く。合わなかった本はメルカリか 家のインテリアになってます (笑)

その中で 好きになった本の中身は忘れたくないので、赤ペンで線を引いたり、手帳にメモしたり 何かしらでアウトプットするようにしてます

そうすることで 自分の文章力もあがるし 考える力(思考力)がアップすると思っています

もっと出来るなら 読書感想までできて、アウトプットできたら 最高です

そうやって 好きな本に出会えたら インプット→アウトプットしておくと そんなに忘れないと思います

だって 残り20年として、月4冊 年48冊 10年480冊 20年960冊しか読めないんですから。

世の中にある数え切れない本の中で 出会えたら奇跡に近いです

それでは今日も素敵な日にしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です